MENU

疲労臭は他の体臭とは原因が違う

疲労臭 体臭 種類

体が疲れてきた時に、体臭が増すことがあります。いわゆる疲労臭と呼ばれる種類の体臭で、ツンとした臭いが特徴です。分解されなかったアンモニアが血液に乗って体を循環し、汗や皮脂となって体外に出ることで、体臭となるのです。

 

通常アンモニアは肝臓で尿素に分解された後、毒素がほぼ取り除かれた状態で尿として体外に排出されるため、体内に蓄積されることはありません。しかし疲労が溜まると肝臓の機能が低下。アンモニアを分解する働きが弱まってしまいます。

 

これを防ぐためには、何と言っても規則正しい生活をすることが大事です。生活リズムを整え、疲労の蓄積を防がなければなりません。肝機能を高めるためにはお酒も控えめにした方が良いです。

 

疲労臭とストレス臭の違いは?

疲労臭 ストレス臭

ストレスからくる体臭は、ストレスの蓄積により自律神経が乱れることが原因です。自律神経が乱れるとリラックス状態を作る副交感神経よりも、緊張状態を作る交感神経が優位になり、体の機能が損なわれます。
・胃袋

 

・大腸・小腸

 

・肝臓

 

など内臓に歪みが生じ、臭いに繋がるのです。

 

胃の機能が低下すれば消化不良を起こし、胃に食べ物が滞留。腐敗したような臭いが胃から発生します。腸もストレスの影響を受けやすい場所です。腸の機能が低下すると便秘気味になります。慢性的な便秘は便が腐敗、発酵する形で臭いの元になります。

 

肝臓もストレスの影響を受けます。肝機能が低下すると疲労臭と同じくアンモニアのツンとした体臭が発生します。ストレス無しの生活は困難なので、この種類の体臭を防ぐにはうまくストレスを発散する方法を見つけることが肝要です。

 

年齢を重ねることで起きる加齢臭

疲労臭 加齢臭

年齢を重ねると臭ってくるのが、近年よくその名を聞く加齢臭です。加齢臭の臭いの原因は、ノネナールという成分です。皮脂に含まれる脂肪酸が分解されたり、過酸化脂質によって酸化する参加することで発生します。

 

加齢臭を防ぐためにはまず体を清潔に保つことが大事です。特に臭いがしやすい
・後頭部

 

・脇の下

 

・耳の後ろ

 

などはお風呂できれいに洗うことはもちろん、抗菌シートやスプレーで清潔な状態をキープしましょう。若い人にはこの脂肪酸などがあまりなく、中高年特有の種類の体臭ということで加齢臭という呼ばれ方をします。

 

喫煙者はより臭いが強くなる傾向があります。肉類を控え、抗菌作用の強い玉ねぎ、バナナ、ほうれん草などの野菜を摂ることも併せて行うと効果的。

 

>> 【疲労臭対策】早めにセルフケア!  TOP