MENU

疲労臭は食事で改善できる?

疲労臭 食事 改善

疲労臭は、肝臓の働きが弱まることでアンモニアを分解できなくなり、汗にアンモニアが含まれてしまうことで起きるニオイです。トイレのようなツンとした臭いがあり、洗っても汗をかけばまた発生するので対策しにくいニオイでもあります。

 

疲労臭はデオドラントアイテムでもケアができますが、根本的に解決するには肝臓機能の回復が必要です。

 

もちろん疲労回復のために休むのが良いのですが、普段の食事メニューを改善することでも肝臓機能を元気に戻すことが可能です。食事のバランスを意識して、少しずつ臭いケアをしていきましょう!

 

疲労臭は食事のバランスが大切

疲労臭 食事 バランス

肝臓をはじめとした内臓が弱っていく原因の一つに、食生活の乱れがあります。

 

例えば暴飲暴食を繰り返せば胃が消化不良を起こします。さらに消化しきれなかったものが腸に留まり、腸内環境を悪化させます。また栄養も偏ると、内臓も当然弱ります。

 

そのため、普段の食事はバランスよく摂っていく必要があります。
・食事は腹八分目

 

・規則正しい時間に食べる

 

・夕食は控えめに

 

・肉・魚・野菜をバランスよく

 

 

当たり前のことに感じるかもしれませんが、実は現代社会でバランスの良い食事をとれる人はごく一部。多くの人は忙しさに追われ、食事が偏りがちになります。意識して心掛けたいですね。

 

肝臓に良い食材は?

レバー、牡蠣、しじみ、うなぎ、ウコン、ごま、納豆など。タウリンやビタミン、ムチンといった成分が肝臓に良いとされています。ただし食事はバランスが大切ですから、できるだけ多くの品目を取り入れましょう!

 

疲れを取りたい。でもお酒はほどほどに

疲労臭 食事 お酒

肝臓を最も酷使するのがアルコールの分解です。お酒が好きな人にとっては耳が痛いお話かもしれませんが、疲労臭とアルコールは切っても切れない関係にあります。

 

もちろん付き合いもあるでしょうし、ストレス解消や疲れを癒すのにお酒は役立ちます。ですから、無理のない範囲で少しお酒の量を減らしてみましょう。

 

また、おつまみに気を付けることでも疲労臭対策は可能です。例えば定番の枝豆には肝臓の保護に効果的なレシチンやコリンを含みます。またニンニクには、アリシンという肝臓の毒素を体外に排出する成分が含まれています。

 

唐揚げやてんぷらはお酒が進む美味しいメニューですが、内臓への負担も大きいです。上手にお酒と付き合っていきましょう!

 

>> 【疲労臭対策】早めにセルフケア!  TOP